パークアクシス新宿百人町【学生会館共存で共用棟には食堂あり】1階28㎡162,000円(坪賃料19,011円)

続けて、パークアクシス新宿百人町。

設計・施工は長谷工で直床になります。最高高さ20m制限エリアですし、20~60㎡台の構成の賃貸マンションなので7階建の直床(6階建にすれば二重床が可能ですが、同容積率を前提にするとその分空地が小さくなる)は当然のことでしょう。

前回の記事で述べたように、敷地面積6,600㎡弱のスケールがありますし、そのように7階建としたことでこれでも空地を捻出出来ている方ではあるのですが、空地率は36%と低くランドプラン的なゆとりは感じにくいです。
配棟は敷地北西~南東に向かってのL字配棟(パークアクシス)、そして敷地北東部にはそれと対称的な逆L字の学生会館、その2つのL字の間となる敷地中央部に共用棟といった形で、まとまった空地は見当たりません。

ただ、その中央部の2階建の共用棟にはパーティラウンジと個室ブース、さらに食堂及び飲食スペースというのがあり大規模物件なりの共用施設は魅力になるでしょう。食事はもちろん有料にはなるのですが、管理栄養士が監修するメニューが提供されるとのことで単身者や学生には嬉しい点になるでしょう。
なお、共用施設は他に屋上テラスとブックカウンター(有隣堂がセレクトした雑誌や本を提供)がありますね。

ちなみに、デザイン監修にはパークコート白金長者丸などの実績もあるヨシモトアソシエイツが担当しており、マリオンなどで縦横のラインを強調、さらに、一部のバルコニーの内側を明るめのカラーとするなど、”コンパクト中心の賃貸マンション”としては目立つものです。

前回のパークアクシス新宿百人町

参照ページ(三井の賃貸)
SnapCrab_NoName_2024-1-27_10-7-14_No-00.png
お部屋は28㎡の1DK、北向き中住戸です。北側はその2階建共用棟(その先が学生会館)となる内向きポジションの1階住戸でお世辞にも良いポジションとは言えません。

共用棟向きの1階なので開口部の意味もたかが知れてはいるのですが、ナロースパンでLDが行灯部屋となったプランも魅力的とは言い難いですね。
ベッドルームの引き戸は扉2枚分しか開けられないですし、北向きでもあるので採光は厳しいでしょう。

坪賃料は17,016円。昨今はこういった20㎡台の1DKが増えましたので(一昔前ならばワンルームor1K)、”部屋数”のわりにグロスがそこまで嵩んでいないのが売り(?)なのかもしれませんが、この苦しいポジションの1階住戸での17,000円超は高く感じます。

30㎡前後は敷地内向き(北向き・東向き)が多く、”コンパクトゆえに条件的に劣るところ”に配置されている(それでもそこそこの賃料がとれる)ということなのだと思いますし、最上階は19,000円超というあたりからも低層階なりの設定ではあるようですが…。

設備仕様面は、コンパクト中心の賃貸マンションですのでいわゆる賃貸仕様になります。当然ディスポーザーなんぞありませんし、食洗機、トイレ手洗いカウンター、床暖房もありません。

駐車場は身障者用を含む全42台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment